検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


ピアノ講師

橋野 豊子はしの とよこHASHINO TOYOKO

大阪音楽大学
ピアノ 講師


学歴

大阪音楽大学 器楽学科 ピアノ専攻卒業 
大阪音楽大学 大学院 ピアノ研究室修了

学位

芸術学修士

専門分野・主な担当科目

大学・短大専門ピアノ及び副科鍵盤楽器における、ピアノ実技指導(個人レッスン)

研究テーマ

ピアノの実技指導を通して、社会に有為な人材の育成が指導のテーマである。音楽教育や演奏活動、一般の職業に就くこと等、学生の将来の目標を重視し、実技レッスンの充実と積み重ねを大切にしている。基本に忠実なピアノ演奏方法の習得を通して人間性そのものを高め、演奏における芸術的表現を目指している。

研究・社会活動

古典派、ロマン派、近現代の作品を主な対象に、独奏や、アンサンブル(連弾、二台のピアノ)、伴奏(器楽、声楽)の演奏を行う事を研究活動としている。教育活動においては、学生個々の将来目標を重視し、日々の個人レッスンにおいて、いま何をすべきかを明確に指導することで、学生が将来目標を達成することができるように支援していくことを大切にしている。

教育方針

実技レッスンでは、学生個々の課題を明確にしていくことが重要である。曲の解釈や表現方法についての検討し、演奏を通して解釈を掘り下げて、その曲をレパートリーとして積み重ねていけるように指導している。学生のもつ潜在能力を実技試験やピアノ演奏の場で顕在化させ、成果に反映させていきたい。また年次試験では課せられる時代の作品を理解して演奏表現できるように練習曲と楽曲を使って授業を進めている。

所属学会・団体

日本ピアノ教育連盟会員、日本ピアノデュオ協会会員

その他

学生はそれぞれ入学時には異なる能力レヴェルにあるため、個々の進度や理解度を正しく判断し、適切な課題を課すことを重視している。個々の持つ能力はそのことで大きくひき出されると考える。ピアノの練習の習慣がまだ充分でない学生には、基本を大切にする指導から始め、次に練習曲の様々な練習方法や、楽曲における表現とテクニックを融合させて、文献を参考に時代背景に迫り、他の演奏家の演奏(CDや、演奏会での演奏)を参考にし、ピアノ演奏を総合的な芸術表現にまで高めて行けるように考え指導している。学生には、大阪音大で学べてよかった、4年間で人間的にも成長した、と実感してもらう事のできるレッスンを日々心掛けている。

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る