検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


声楽講師

清原 邦仁きよはら くにひとKIYOHARA Kunihito

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
声楽 講師


学歴

大阪音楽大学音楽専攻科声楽専攻 修了
大阪音楽大学大学院オペラ研究室 修了

専門分野・主な担当科目

声楽:テノール
声楽実技
オペラ演技演習
ヴォーカルアンサンブル

研究テーマ

歌唱に伴う呼吸、発語、発音の関係性。
感情と歌唱表現の関係性。
歌劇、ミュージカルを問わず音楽劇の歌唱表現。
歌劇、ミュージカルを問わず音楽劇の演劇的表現。

研究・社会活動

●出演作品:
「フィガロの結婚」ドン・バジーリオ、ドン・クルツィオ、
「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ
「コジ・ファン・トゥッテ」フェルランド、
「魔笛」タミーノ、モノスタトス、僧侶2、
「ランメルモールのルチア」エドガルド、
「ドン・パスクワーレ」エルネスト、
「椿姫」アルフレード、ガストン、
「リゴレット」マントヴァ公爵、ボルサ、
「イル・トロヴァトーレ」マンリーコ、
「仮面舞踏会」リッカルド、
「ラ・ボエーム」ロドルフォ、パルピニョール
「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ、
「ファルスタッフ」フェントン、バルドルフォ、
「蝶々夫人」ゴロー、
「道化師」ペッペ、
「ヘンゼルとグレーテル」魔女、
「こうもり」アイゼンシュタイン、アルフレード、ブリント、
「イル・カンピエッロ」ドナ・パスクワ、
など幅広い役柄を好演。

●06年夏にはイタリア:プッチーニ・フェスティバルで「蝶々夫人」ゴローを演じ各紙から絶大な好評を得た。

●13年冬にはウィーンで「おこんじょうるり」権助を演じ好評を得た。

●11年には東宝帝国劇場100周年記念ミュージカル「レ・ミゼラブル」司教、レーグルで出演。

●オペラ作品以外でも、モーツァルト作品をはじめとする多くの宗教曲、合唱曲のソリストをつとめる。

●演出作品:
「フィガロの結婚」
「魔法の笛(魔笛)」
「ドン・パスクワーレ」
「ラ・チェネレントラ」
「クリスピーノと不思議な女」(日本初演)
「リゴレット」
「蝶々夫人」
「こうもり」
「陽気な未亡人(メリー・ウィドウ)」

平成17年度大阪舞台芸術新人賞受賞。
平成25年度大阪文化祭賞奨励賞。
平成25年度吹田市文化功労者賞受賞。

所属学会・団体

関西歌劇団
上方オペラ工房

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る