検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


管楽器特任准教授

井上 麻子いのうえ あさこINOUE Asako

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
サクソフォーン 特任准教授


学歴・学位

大阪音楽大学卒業。
フランス国立パリ高等音楽院サクソフォーン科を審査員全員一致の最優秀賞(首席)で修了。

専門分野・主な担当科目

クラシックサクソフォーンの演奏法、現代音楽におけるサクソフォーンの特殊演奏法。特に、フランスの近代、現代音楽。
担当科目:サクソフォーンの個人レッスン、サクソフォーン合奏の指導

研究テーマ

サクソフォーンの演奏法の研究と指導。バロックから現代までの音楽に触れながら、基本奏法から現代奏法まで幅広く指導します。20世紀、21世紀の作品を中心に、サクソフォーンを扱った現代音楽作品の研究。室内楽を通して、アンサンブルの楽しさや演奏法を研究。

研究・社会活動

サクソフォーン演奏において、ソロリサイタルや室内楽、オーケストラなどでの活動で日本やフランス。ベルギー、台湾等各地の音楽祭、演奏会等に出演している。モントリオール国際サクソフォーンコングレス(カナダ)などに参加。
ソリストとしてL.Berio追悼コンサート(フランス)に出演しコンチェルトを演奏、高い評価を得ている。
フランスや台湾のサクソフォーン国際コンクールの審査員も務め、来日フランス人音楽家との共演やコンサートの企画、通訳などでも活躍している。 フランス国立パリ高等音楽院入学試験審査員を務める。
また、関西を中心に中高生の吹奏楽部等の指導も積極的に行い、吹奏楽コンクール等の審査員も務めている。
2005年嘉儀市(台湾)にてコンサートを開催。日本各地でもリサイタルを開催、好評を得ている。 2009年、エカテリンブルグ(ロシア)に招待され、マスタークラス、リサイタルを開催。 2011年、関西フィルハーモニー管弦楽団とコンチェルトを共演。
2007年度兵庫県芸術奨励賞受賞。藤井快哉氏(ピアニスト・本学准教授)との共演が評価され、(財)サントリー音楽財団第7回佐治敬三賞受賞。 2010年、神戸灘ライオンズクラブ音楽賞を受賞。
浜松楽器博物館CDコレクションシリーズのアドルフ・サックス作のオリジナルサックスでの録音に参加、好評を博している。2014年、井上麻子×藤井快哉DUOでCD『Prélude』を発売。

教育方針

個人のレベルに合った楽曲を通して、サクソフォーンを演奏する楽しさを学んで欲しいと思います。現代曲にも積極的に触れていくことにより、演奏の可能性を広げ、技術の向上を目指します。
サクソフォーンを通して、音楽だけでなく芸術全般に興味を深め、常に好奇心とチャレンジ精神を持って勉強を進めていきます。

所属学会・団体

日本サクソフォーン協会・神戸芸術文化会議会員

その他

CD:井上麻子×藤井快哉DUO『Prélude』
ブログ:http://asako-inoue.blogzine.jp/saxophonique/
受賞歴:佐治敬三賞
審査員活動:国立パリ高等音楽院入学試験、関西吹奏楽コンクール、神戸国際音楽コンクール
海外留学(滞在)経験:パリ
Facebook:井上麻子

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る