検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


声楽准教授

並河 寿美なみかわ ひさみNAMIKAWA HISAMI

大阪音楽大学
声楽 准教授


学歴

大阪音楽大学大学院オペラ研究室修了

プロフィール

角田泰子、田原祥一郎の両氏に師事。
NHK洋楽オーディション合格、全日本学生音楽コンクール大阪大会第1位、宝塚ベガ音楽コンクール第3位及び特別賞、飯塚新人音楽コンクール第2位、ABC新人コンサートオーディション合格、神戸・灘ライオンズクラブ音楽賞、他受賞。また、昨年の兵庫県立芸術文化センター、佐渡裕芸術監督プロデュース「蝶々夫人」の成果に対し、平成18年度兵庫県芸術奨励賞を受賞。この公演に加えて、堺シティオペラ「蝶々夫人」等の成果に対して、平成18年度音楽クリティッククラブ賞を併せて受賞。

オペラは「フィガロの結婚」伯爵夫人、マルチェッリーナ、「魔笛」ダーメ1、「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィラ、「ラ・ボエーム」ミミ、ムゼッタ、「外套」ジョルジェッタ、「カヴァレリア・ルスティカーナ」サントゥッツァ、「ファルスタッフ」アリーチェ、「ドン・カルロ」エリザベッタ、「修道女アンジェリカ」「トスカ」「蝶々夫人」「トゥーランドット」「カルメン」、マスネ「シンデレラ」等のタイトルロール他、多数に出演。

ルーマニアのトゥルグ・ムレシュ市で開催された「冬の音楽祭」には「カヴァレリア・ルスティカーナ」(演奏会形式)サントゥッツァで出演。そのほか三枝成彰「Jr.バタフライ」尼僧、新国立劇場主催公演「おさん(心中天網島より)」(世界初演)おさん、韓国テグ市にて「蝶々夫人」蝶々夫人を歌い、いずれも好評を得ている。

コンサートでは第九を始め、モーツァルト「レクイエム」、「戴冠ミサ」、フォーレ「レクイエム」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、ヴェルディ「レクイエム」、ペルゴレージ「スターバト・マーテル」、ロッシーニ「スターバト・マーテル」他のソリストをつとめる。またルーマニアのブラショフにおいて、ドヴォルザーク「スターバト・マーテル」のソリストをつとめる。

東京二期会会員。

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る