検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


声楽講師

小餅谷 哲男こもちや てつおKOMOCHIYA TETSUO

大阪音楽大学
声楽 講師


専門分野・主な担当科目

専門分野:テノール
担当科目:声楽実技、歌曲特別研究Ⅱ(イタリア歌曲)、歌曲研究(イタリア歌曲)、オペラ研究Ⅰ

研究テーマ

イタリアで師事したカルロ・ベルゴンツィ氏に言われたように、テノール歌手にとって、Passaggio(パッサッジョ)の処理は永遠の課題であり、どのように処理しなければならないか実践し、研究している。

研究・社会活動

数多くのオペラに主演している。主な主演オペラは「トスカ」、「蝶々夫人」、「椿姫」、「仮面舞踏会」、「アイーダ」、「オネーギン」、「カルメン」、「愛の妙薬」、「ハルカ」(ポーランドの国民オペラで、初の日本人としてポーランドにて主演)など。また、第九や宗教曲のソリストとしても多数出演している。2003年にカレッジオペラハウスでのオペラ公演に主演した「沈黙」が大阪芸術祭大賞を受賞。2005年に新国立劇場、カレッジオペラハウスにて「沈黙」が再演され、文化庁芸術祭大賞。地域に根ざしたオペラ活動をし、オペラ出演及び制作に携わり「トスカ」「カルメン」「アイーダ」の公演を成功させている。

教育方針

声楽実技に関しては、ベルカントの歌い方を基本に、何が自分にあった声の出し方なのか、個々の個性を活かした指導をする。

所属学会・団体

関西二期会会員、箕面シティオペラ代表、箕面芸術祭組織委員、関西歌曲研究会、日本演奏連盟

その他

オペラ人口を増やすために、地域住民を巻き込んだオペラ活動をしています。オペラ人口が増えると、観客動員にもなり、また、若手の演奏家が舞台に立つ機会が増えます。私はこれからのオペラ歌手の為に、ライフワークとして取り組んでいます。

個人HP

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る