検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


声楽講師

藤原 啓子ふじわら けいこFUJIWARA KEIKO

大阪音楽大学
声楽 講師


学歴

大阪音楽大学大学院歌曲専攻修了

学位

芸術学修士

研究テーマ

・歌曲(ドイツ、日本、フランス、声楽アンサンブル)、声楽基礎演習Ⅱ
 オラトリオ・重唱Ⅱ、フランス近代歌曲、歌曲研究(日本歌曲)
・ドイツ歌曲、日本歌曲、フランス歌曲、英米歌曲、現代曲、多重声部アンサンブル曲の
 研究と演奏

研究・社会活動

NHK-FM新人演奏会。

FM大阪カレッジオブミュージック。

ラジオ関西「ホットに語ろう」、ラジオ大阪「大阪チャレンジ教室」、サンテレビ「居留地の第九」に出演。

オルフのオペラ「賢い女」の賢い女役でオペラデビュー。モーツアルト「魔笛」、「コジ・ファン・トゥッテ」、「ドン・ジョヴァンニ」、チマローザ「秘密の結婚」、ロッシーニ「イタリアのトルコ人」、ヴェルディ「ファルスタッフ」、プッチーニ「修道女アンジェリカ」、ワイル「三文オペラ」、ドヴォルザーク「ルサルカ」、メノッティ「泥棒とオールドミス」、「領事」、ヘンツェ「若き恋人たちへのエレジー」。また、ヴィヴァルディ「グローリア」、バッハ「ミサ ロ短調」、「マニフィカート」、ヘンデル「メサイア」、モーツアルト「ニ長調ミサ」、「主日のための晩」「戴冠ミサ」 、「レクイエム」等の宗教曲、ハイドン「四季」、ベートーヴェン「第九」、メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」等のソロ。

多くの邦人作曲家の作品の初演。

大阪フィル、大阪センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、神戸フィルハーモニック、皇宮警察音楽隊等と共演。

神戸、京都のバッハフェスティバル、オーストリアのヴァイレーク,ライヒャースベルクでのコンサート、藤原啓子独唱会、イェルク・デームス喜寿のコン サートに於いて、イェルク・デームス氏と共演。

東京サローネ・クリストフォリに於いてイェルク・デームス作曲、ドラマ“痴人と死と”を氏の伴奏で世界初演。

ケンルンテン音楽祭歌曲ゼミナールに於いてエリック・ヴェルバ氏に師事。

新ウィーン楽派の歌曲独唱会に対し、大阪文化祭賞奨励賞受賞。

・歌を歌う時、旋律は勿論その歌詞の内容や言葉の持つリズムを自然に表現する事、発声に関してもリラックスした状態で歌えることを目指す。自己の内面からの音楽が作り出せるように学ぶ。

教育方針

歌曲であれ、オペラであれ歌を歌う時、旋律は勿論、その歌詞の内容や単語の持つリズムを自然に表現する事、発声に関してもリラックスした状態で歌えることを目指す。自己の内面からの音楽が作り出せるように学生と共に学ぶ。

所属団体

日本シューベルト協会理事
大阪音楽大学付属音楽院講師(声楽アンサンブル)
NHKカルチャーセンター西宮ガーデンス講師
神戸音楽家協会会員
日本演奏家連名会員

その他

Facebookページ

twitterアカウント:@Keesper 

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る