検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


声楽客員教授

中村 敬一なかむら けいいちNAKAMURA KEIICHI

大阪音楽大学
演出 客員教授


専門分野・主な担当科目

オペラ演出。
声楽家達がオペラの舞台に立つために何が必要か、作品の解読の仕方、演技の基礎、など、若い声楽家達にオペラの指導をしている。

研究テーマ

オペラの演出の他、オペラの台本も手がけ、2002年国民文化祭鳥取で宮沢賢治原作、新倉健作曲「ポラーノの広場」の台本も高評を得ている。他に松井和彦作曲「笠地蔵」「走れメロス」、新倉健作曲「窓〜ウィンドウズ」の台本もある。
 

研究・社会活動

1989年文化庁派遣在外研修員としてウィーン国立歌劇場でオペラ演出を研修。二期会公演「三部作」で1995年ジローオペラ、新人賞を受賞。2000年、「沈黙」で新国立劇場デビュー。2001年ザ・カレッジ・オペラハウス公演「ヒロシマのオルフェ」で大阪舞台芸術奨励賞を受賞。003年にはザ・カレッジオペラハウスで、再び松村禎三氏の「沈黙」を演出。この公演は大阪文化祭グランプリを受賞、音楽クリティック・クラブ賞を受賞。
このプロダクションは2005年度新国立劇場地域招聘事業の第一回作品に選ばれ、新国立劇場で上演。その大阪凱旋公演が、文化庁芸術祭大賞を受賞という快挙を果たすのに大きな功績を果たした。

教育方針

西欧の文化であるオペラを、日本人である我々が自分たちのものにしていけるよう、あらゆる方向から分かりやすくトレーニングする。

所属学会・団体

国立音楽大学客員教授
大阪教育大学講師

その他

個人HP

TAG LIST

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る