検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


ピアノ講師

冨樫 三起子とがし みきこTOGASHI Mikiko

大阪音楽大学・大阪音楽大学短期大学部
ピアノ 講師


学歴

大阪音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻修士課程修了

学位

芸術学修士

専門分野・担当科目

ピアノ・ピアノ実技、ピアノ基礎講座Ⅰ

研究テーマ

主に、古典派、ロマン派とフランス近代を中心に。
身体の使い方、特に脱力について。

研究・社会活動

海外で活躍されている演奏家の方々を招き、サロンコンサートやレッスンを企画しています。
(松田康子氏、K.ゲキチ氏、P.ジグマノフスキー氏)
宝塚演奏家連盟委員として、地域の音楽文化の向上をめざして活動しています。
例えば、宝塚西公民館にて「東日本チャリティーコンサート」や、「介護施設」での無料コンサートに出演しています。
チャリティーコンサートの収益により、被災地の学校に約230点の楽器を送ることが、できました。
また、2015年2月に、宮城県亘理郡亘理町で、被災地訪問コンサートを行いました。

演奏活動

ウィーンとザルツブルグ・モーツアルテウムの各夏期国際セミナーを受講し、アカデミーコンサートに出演。
ジュネーヴ音楽院でアンリ・ゴーティエ氏のセミナーを受講し、ジュネーヴ・リセウムクラブにて、リサイタルを開催。
大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、ザ・カレッジオペラハウス管弦楽団等と協演。
85、93、97、01、04、08、11、14年にリサイタルを開催。
その他、ジョイントリサイタル、室内楽、FM放送などに出演。
宝塚ベガ学生コンクール、日本ピアノ教育連盟のオーディション、寝屋川市アルカスピアノコンクール、べーテン音楽コンクールなどの審査員。

教育方針

音楽の楽しさをたくさんみつけてほしいと思います。
演奏を組み立てる基本要素として、リズム、音(メロディーやハーモニ―)、様式をあげ、これらのバランスがとれた演奏を目指します。個々の学生の状態を注意深く見て、練習方法等を示し、生徒一人一人の持つ可能性を引き出したい。
また楽譜から作曲家の意図をよみとることを一緒に考えていくなど、
学生とのコミュニケーションを大切にしています。

所属学会・団体

日本ピアノ教育連盟、日本ショパン協会、宝塚演奏家連盟

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る