検索結果に戻る検索ページに戻る

下記の絞り込み条件により検索致しました


ピアノ特任教授

仲道 郁代なかみち いくよNAKAMICHI IKUYO

大阪音楽大学
ピアノ 特任教授


プロフィール

4歳からピアノをはじめ、桐朋学園大学1年在学中に第51回日本音楽コンクール第1位を受賞し、多数の受賞を経て、1987年ヨーロッパと日本で本格的にデビュー。温かい音色と叙情性、卓越した音楽性が高く評価され、人気、実力ともに日本を代表するピアニストとして注目を集めている。
近年は、「ショパン鍵盤のミステリー」企画、「モーツァルト・ピアノ・ソナタ全曲演奏会」などのシリーズ、「ベートーヴェン~鍵盤の宇宙~」が進行している。他にも、彼女の多彩なアイディアや情熱から生まれた企画も多く、子どもたちに音楽との幸せな出会いをして欲しいとスタートした「光のこどもたち」など、魅力的な内容とともに豊かな人間性がますます多くのファンを魅了している。
レコーディングはソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと専属契約を結び、多数のCDをリリース。ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30.31.32番は2007年度第45回レコード・アカデミー賞(器楽曲部門)を受賞。著作には『CDでわかるピアノの名器と名曲』、『CDでわかる ショパン鍵盤のミステリー』(ナツメ社刊)等がある。
またNHK教育テレビ「あなたもアーティスト“仲道郁代のピアノ初心者にも弾けるショパン”」、NHK「名曲探偵アマデウス」などのテレビ番組、新聞、雑誌、ラジオなどへメディアにも多く出演。音楽の素晴らしさを広く、深く伝える姿勢は多くの共感を集めている。 
2003年からは、地域社会の活性化と音楽文化の発展を目指し、大阪音楽大学特任教授、財団法人地域創造理事としても、積極的に活動している。

仲道郁代オフィシャル・ホームページ

http://www.ikuyo-nakamichi.com

検索結果に戻る 検索ページに戻る

同じ条件に合致するその他の教員

検索結果に戻る