大阪音楽大学 進学をお考えの方

トップ | 進学をお考えの方 | ジャンルからイベントを選ぶ | 作曲

作曲

中高生のための作曲入門講座(2017年3月まで)

大阪音楽大学では、作曲を志す中高生のために、2つの入門講座を開講しています(2017年3月まで開講)


※2017年3月をもって当講座(および通信版)は閉講します。現時点からでも受講を始められますが、2017年4月以降は「体験レッスン」など他講座をおすすめすることになります。ご了承の上お申し込みください。

十数人のグループで、同じ教室で受講します。
作曲をするために最も重要な勉強の1つに「和声法」があります。和声法は、和音と和音のつなげ方や、和音を構成する各音の進行を学ぶ、作曲の基礎となる勉強です。
20~30分間の個人レッスン形式です。
楽曲形式の構成、テーマの展開など、作曲の基礎を学び、その書法を修得します。
まずは基礎をきちんと知り、書くことで、作曲の地力をたくわえます。

■開講日と実施時間

・年間とおして、いつでも受講スタートしていただけます。
・ためしに1回だけの受講もOKです。
※ただし、一回完結型の講座ではありませんので、実力を得るには、継続的な受講が必要です。

日にち
1月7日(土) 13:30~15:00 受講者ごとに指定します 
1月21日(土) 15:15~16:45
2月12日(日) 13:30~15:00
2月25日(土) 15:15~16:45
3月11日(土) 13:30~15:00
3月26日(日) 10:15~11:45
9:30~11:00
(希望者のみ 11:45まで受講可)

11:15より、オープンキャンパスの作曲特別講座がございます
 実施しません
(オープンキャンパス併催)
 


※2017年3月をもって当講座(および通信版)は閉講します。現時点からでも受講を始められますが、2017年4月以降は「体験レッスン」など他講座をおすすめすることになります。ご了承の上お申し込みください。

■「理論編」について

作曲をするために最も重要な勉強の1つに「和声法」があります。
和声法は、和音と和音のつなげ方や、和音を構成する各音の進行を学ぶ、作曲の基礎となる勉強です。


<受講条件>
作曲に興味がある中高生(既卒者可)で、「ト音譜表」および「へ音譜表」を理解でき、何らかの楽器で、単純なメロディの読譜演奏ができること。

<受講料>
1参加につき、1,000円(当日現金にて領収します)

<テキスト>
以下テキストを、2回目の受講日より持参してください。
(初回受講日は不要です)

「和声 理論と実習(Ⅰ)」 (出版:音楽之友社)
※ 定価 2,800円(税別)
※ 全国の楽器・楽譜店のほか、本学正門前のヤマハ売店でも購入可能です
(本学正門前のヤマハは営業日時に注意してください…問い合わせTEL / 06-6336-4699)

<授業の進め方>
約10数人のグループで、同じ教室で受講しますが、全体に対する講義はほとんどなく、教員が机間巡回し、順に個別指導します。
テキストの第7章を終了すれば、本講座は修了です

<講師>
本学の作曲専攻・作曲コースの教員


■「実践編」について

楽曲形式の構成、テーマの展開など、作曲の基礎を学び、その書法を修得します。
まずは基礎をきちんと知り、書くことで、作曲の地力をたくわえます。


<受講条件>
「理論編」を継続して受講している方。
※ 「理論編」を受講せず、「実践編」のみ受講したい方は別途、ご相談ください。

<受講料>
1参加につき、1,000円(当日、現金にて領収)

<授業の進め方>
個々のレベルに応じた、20~30分の個別レッスン形式です。
以下、①~⑦段階のカリキュラムに添って、学習を進めます。
毎回、次回受講日までの宿題が課されます。

① 8小節の旋律を書く
② 8小節の旋律の様々な形を知り、伴奏をつける
③ 二部形式と三部形式の分析
④ 転調を含まない二~三部形式のピアノ曲を書く
⑤ 転調を含む二~三部形式のピアノ曲を書く
⑥ 複合三部形式の分析

⑦ 複合三部形式のピアノ曲を書く

※ スタート段階は各自の希望やレベルに応じて設定します。

<受講時刻について>
申込受付締切後、本学から受講時刻を指定します。

<講師>
本学の作曲専攻・作曲コースの教員

■申し込み方法

まずは初めて受講を希望する日の「理論編」に、お申し込みください。
※ 締切 … 開講日の1週間前




※2017年3月をもって当講座(および通信版)は閉講します。現時点からでも受講を始められますが、2017年4月以降は「体験レッスン」など他講座をおすすめすることになります。ご了承の上お申し込みください。

※「理論編」を受講せず、「実践編」のみ受講したい方は、ご自身の学習の進度などを記入の上、下記、お問い合わせメールアドレスまでご連絡ください。

申し込み受付と同時に、折り返しの確認メールをお送りします。
メールが届かない場合は下記までお問い合わせください。

 

■「理論編」の通信版 について

遠方にお住まいの方にも、作曲の学習機会をご提供するために、「理論編」にのみ通信版を設けています。


<受講条件>
理論編の教室授業、本学の「体験レッスン」、「受験講習会」などを1度以上受講したことがある方、または和声法の学習経験がある方。

<受付期間>
2017年3月31日まで

<講座の進め方>
下方に記載のテキストを用いて、和声課題を実施し、答案を以下まで郵送してください。
講師が添削し、返送します。

〒561-8555 豊中市庄内幸町1-1-8
大阪音楽大学 入試センター内 作曲入門講座 係


※1郵送につき、A4版五線ノート6ページ(見開き3ページ)までとします
※課題と同じ段数の添削用スペースを空けて、読みやすい楽譜を書いてください
※作曲作品は添削できません(通信版は和声課題のみ対応しています)
※添削の返送まで1~2週間かかります

<受講料>
●定額小為替を利用する場合
A4紙1枚につき、500円ぶんの定額小為替を同封してください。
(最大3,000円ぶんまで)

●口座振込を利用する場合
発送前に、A4紙1枚につき、500円を以下口座にお振込みください。
(最大3,000円まで)

振込先銀行名 / 三井住友銀行 庄内支店
預金種類 / 普通預金 口座番号 : 86236

口座名義 / 学校法人大阪音楽大学


<申し込み方法>
課題を発送した当日に、以下から発送通知をしてください。

※2017年3月をもって当講座(および通信版)は閉講します。現時点からでも受講を始められますが、2017年4月以降は「体験レッスン」など他講座をおすすめすることになります。ご了承の上お申し込みください。


<講師>
本学の作曲教員

<テキスト>
「和声 理論と実習(Ⅰ)」
 (出版:音楽之友社)
※ 定価 2,800円(税別)
※ 全国の楽器・楽譜店のほか、本学正門前のヤマハ売店でも購入可能です
※ 第7章まで対応しています

■お問い合わせ

大阪音楽大学 入試センター 「作曲入門講座」 係


〒561-8555 豊中市庄内幸町1-1-8
TEL:0120-414-015 または 06-6334-2507
MAIL:
info-nyushi@daion.ac.jp

体験レッスン

詳しくはこちらから