大阪音楽大学 入試情報

トップ | 入試情報 | 大阪音楽大学入試情報 | 推薦入試(公募推薦)要項

推薦入試(公募推薦)要項


出願資格

次の 1 ~ 3 すべてに該当する者。

  • 高等学校(本学が高等学校に準じると認める学校を含む)を2018年3月卒業見込、または2017年3月・9月卒業の者。
  • 出身高等学校長の推薦を得られる者。
  • 合格した場合、所定の入学手続きを行い、必ず本学に入学することを条件として出願する者 (専願)。ただし、大阪音楽大学短期大学部に出願、入学する場合は、この限りではありません。

試験科目

【専門実技課題】 + 【面接】 + 【作文 または 専門実技追加課題】

 

ただし、志願する専攻に必要なすべての音楽基礎科目の「認定」を取得した者は、
上記のうち【「作文」または「専門実技追加課題」】が免除となります。


音楽基礎科目の認定について

 本学では、下表の条件に該当する場合、
「音楽基礎科目」の学習が入学に必要な水準に達していると認定しています。
   ※本学の定める「音楽基礎科目」については、「音楽基礎科目認定テスト」のページをご覧ください。

専攻別・受験科目の一覧

専攻 音楽基礎科目
認定
取得者
【専門実技追加課題】
を選択
【作文】
を選択
作曲専攻 専門実技課題 作曲
面接
----------
※選択できません。
専門実技課題 作曲
面接
作文
ミュージッククリエーション専攻 専門実技課題 ミュージッククリエーション
面接
-----------
※受験は不要です。
ミュージックコミュニケーション専攻 専門実技課題 ミュージックコミュニケーション
面接
-----------
※受験は不要です。
声楽専攻 専門実技課題 声楽
面接
専門実技課題 声楽
面接
専門実技 声楽追加課題
専門実技課題 声楽
面接
作文
ピアノ専攻 ※ 専門実技課題 ピアノ
面接
専門実技課題 ピアノ
面接
専門実技 ピアノ追加課題
専門実技課題 ピアノ
面接
作文
パイプオルガン専攻 専門実技課題 パイプオルガン
面接
専門実技課題 パイプオルガン
面接
専門実技 パイプオルガン追加課題
専門実技課題 パイプオルガン
面接
作文
管楽器専攻 専門実技課題 管楽器
面接
----------
※選択できません。
専門実技課題 管楽器
面接
作文
弦楽器専攻 ※ 専門実技課題 弦楽器
面接
----------
※選択できません。
専門実技課題 弦楽器
面接
作文
打楽器専攻 専門実技課題 打楽器
面接
----------
※選択できません。
専門実技課題 打楽器
面接
作文
ギター・マンドリン専攻 専門実技課題 ギター・マンドリン
面接
専門実技課題 ギター・マンドリン
面接
専門実技 ギター・マンドリン
追加課題
専門実技課題
ギター・マンドリン
面接
作文
邦楽専攻 専門実技課題 邦楽
面接
-----------
※受験は不要です。
ジャズ専攻 専門実技課題 ジャズ
面接
専門実技課題 ジャズ
面接
専門実技 ジャズ追加課題
専門実技課題 ジャズ
面接
作文
電子オルガン専攻 専門実技課題 電子オルガン
面接
----------
※選択できません。
専門実技課題 電子オルガン
面接
作文

※演奏家特別コース(ピアノ・ヴァイオリン)を除く
  • ・作曲専攻、管・弦・打楽器専攻、電子オルガン専攻は「専門実技 追加課題」を選択できません。音楽基礎科目の認定を取得していない者は、「作文」を受験してください。
  • ・ミュージッククリエーション専攻、ミュージックコミュニケーション専攻、邦楽専攻は【「追加課題」または「作文」】の受験は不要です(音楽基礎科目の認定は不要)。

専門実技課題の免除について

以下の1または2に該当する者は、専門実技課題の受験を免除します。ただし、特待生授業料減免制度適用希望者には専門実技試験を実施します。