大阪音楽大学 学部・専攻

トップ | 学部・専攻 | 短期大学部音楽科 | 邦楽コース


特色

プロを目標としたハイレベルな指導で、 卒業時には大きくレベルアップ!

50年の歴史を誇る大音の邦楽指導。大学では「箏と三絃」または「尺八」を専門に学び、数多くの合奏に参加します。専門楽器に選んだ以外の邦楽器も第二専門として学習。並行して西洋音楽にも習熟することで、伝統音楽はもちろん現代的な音楽にも対応できる柔軟な人材を育成します。短大では箏、三絃、尺八のいずれかを選択し、楽器の基礎能力と表現力の向上に尽力。独奏やさまざまな合奏形態を経験しながら、楽器の歴史や洋楽の知識まで広く学びます。大音なら洋楽器も学べて五線譜にも強くなるので、依頼演奏を受けやすくなり将来の仕事量も段違い。数多くの卒業生が第一線で活躍しています。

  • point. 01
    基礎の訓練として、代表的な古典曲や宮城曲を学習。奏法や曲の解釈を勉強します。
  • point. 02
    邦楽演奏会に向けて練習を重ね、舞台での演奏を経験。舞台芸術を考えます。
  • point. 03
    講師と随時合奏ができるのも大きな特長。プロ演奏家の音楽性を実感できます。

ピックアップ授業

長年にわたる邦楽指導のノウハウを活かして、綿密なカリキュラムを構成しています。

邦楽楽器(レッスン)
邦楽楽器を知り尽くしたプロによる徹底的な個人レッスンを実施。演奏技術はもちろんのこと、所作や振る舞いなど精神的・道徳的伝統についても指導を行い、総合的な技術向上を目指します。

専門合奏(大学)・邦楽合奏(短大)

複数教員がリレー形式で指導する、邦楽器を中心とした合奏の授業です。古典曲から現代曲まで多様な編成による大合奏や現代作品のアンサンブルに取り組み、「邦楽演奏会」に向けた練習も行います。


雅楽

日本最古のオーケストラといわれる「雅楽」。管楽器(鳳笙・篳篥・龍笛)に打楽器(鞨鼓・楽太鼓・鉦鼓)と絃楽器(楽琵琶・楽筝)を加えた管絃曲のスタイルを学び、各種楽器の織りなす雅びの世界を体験します。


邦楽演奏会

年1回、ミレニアムホールで開催。大学・短大生に教員・演奏員が加わり、幅広い曲に取り組めます。


さまざまなコンサートに出演!

選抜オーディションに合格すれば、学内開催の「ミレニアム・スチューデント・コンサート」や「ザ・カレッジ・コンサート」「ザ・コンチェルト・コンサート」などにも出演できます。洋楽器とコラボレーションするなど、新たな取り組みにも意欲的にチャレンジしています。

■学生による邦楽自主コンサートも開催!

 アンサンブルグループ「邦恋奏」


 

大学専攻科 邦楽専攻 修了 (兵庫県立姫路北高等学校 出身) 橋本 桂子さん

橋本 桂子 さん

大学専攻科 邦楽専攻 修了 (兵庫県立姫路北高等学校 出身)

もっと邦楽を知ってもらいたい。その思いが貴重な経験の原動力に。

より多くの人に邦楽について知ってもらう機会を増やすため、以前から自主演奏会をやってみたいと考えていました。
もうすぐ卒業ということもあり、3月の開催を決意。観客の皆さんに喜んでもらえて大感激でした。演奏会を催すのは大変なことでしたが、その分、演奏をするだけでは学べない「作り手側の経験」ができて、自分たちの今後にとって大きなプラスになるだろうと感じています。
2回目以降も続けてもらえたら素敵ですね。


邦楽専攻 3年 (府立高津高等学校 出身) 原 茉里さん

原 茉里 さん

邦楽専攻 3年 (府立高津高等学校 出身)

あらゆる音楽に触れられる環境で、さらに専門技術を磨きたい。

いつも心に余裕をもってコンディションを整えながら練習に取り組んでいます。大音は邦楽やクラシックだけでなく、あらゆる音楽に触れられる環境がすばらしい。ここで先生方から多くのことを吸収して専門技術を磨き、一生音楽に関わっていきたいと思います。

私の一週間のスケジュール

  MON TUE WED THU FRI
1   副科弦楽合奏AⅠ
(Vn)
    副科鍵盤楽器V
(ピアノ)
2 邦楽楽器AV 音楽理論Ⅲ 雅楽AⅡ 作曲・編曲法A 邦楽概論A
3   邦楽楽器BV 西洋古楽演奏演習AⅠ
(C.ヴィオラ・ダ・ガンバ)
  専門合奏V
(邦楽)
4 副科邦楽合奏
(胡弓)A
副科ジャズ・
ピアノ演習Ⅰ
  副科声楽AⅡ 専門合奏V
(邦楽)
5 音楽科指導法Ⅰ        

「豊中市サウンドスクール」で小中学生に邦楽器を指導

教員や在学生が大阪府豊中市内の小中学校を訪問し、邦楽器の指導や出張演奏会を行っています。


邦楽器の製造見学も!


箏や三味線糸の製造現場を実際に訪問し、邦楽器への理解を深める特別実習も実施しています。

教員紹介

各邦楽器に熟練した講師が一人ひとりの進度に合わせて丁寧に指導。


カリキュラム

■教育目標
世界に広がる音楽文化や関連諸領域を広量な精神をもって理解、摂取し、時代を革新する創造的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、高い音楽能力と幅広い人間力を備えた、良識ある音楽人を育成すること。

短大は「実技レッスン」を中心としたカリキュラム!

実技レッスン
(週2回)

①45分の個人レッスン(自分のレッスン)

②30分の実技レッスン(下記より選択)

●作曲 ●声楽 ●ピアノ ●管楽器 ●弦楽器 ●打楽器 ●クラシックギター ●邦楽楽器 ●ジャズ ●ポピュラー・ヴォーカル ●ポピュラー・インストゥルメント ●電子オルガン ●ミュージカル ●ダンス

※くわしくはこちらから
コース関連科目

本コースの学びの中心となる科目です。

音楽基礎科目

音楽を勉強するうえで共通の基礎となる科目。専門の音楽力を着実に伸ばすため、基本的に必ず受講となります。

ソルフェージュ/音楽理論/作曲法/音楽史(世界と日本の音楽を考える)/指揮法/合唱/器楽合奏(含和楽器)/副科声楽/副科鍵盤楽器演習
共通選択科目

専門性を高めるための授業や、自身の興味に合わせて選択できる多様な音楽分野の科目が用意されています。

デスクトップ・ミュージック演習/ポピュラー音楽講座/MIDIシステム・テクノロジー/電子音響機器演習/音楽史(西洋音楽トピックス)/音楽史(ジャズ)/ダンス/視奏/リズムソルフェージュ/ピアノ構造論/音楽探検/音楽療法基礎/音楽療法/音楽療法応用技法/童謡・唱歌講座/副科吹奏楽/副科邦楽合奏/インストラクター概論/ミュージック・ビジネス・マネジメント

※隔年開講等により不開講となる場合があります/コースによっては必修や対象外となる科目もあります

一般教育科目・
外国語科目・
保健体育科目

音楽をより深く理解するうえで欠かせない科目や、教養を広げる多彩な科目があります。

【一般教育科目】

教養基礎セミナー/文学/哲学/日本国憲法/西洋史/心理学/音響学/美学・芸術学/ 情報処理概論/日本語ライティング演習/クリティカル・シンキング演習/音楽活動ポートフォリオ作成

【外国語科目】

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語

【保健体育科目】

体育


履修におけるバックアップ

プラスレッスン制度(要申込)

専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。

対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル

オープンレッスン制度(要申込)

在籍している専攻・コースにかかわらず、すべての教員のレッスンが聴講できます。

オフィスアワー

授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。

大学と短大間の単位互換制度

大学在籍者が短大の授業を履修しても「大学」の単位として認定される制度です。
同じく、短大在籍者が大学の授業を受講しても単位として認定されます。
※認定される単位数や対象の科目には条件があります。

特別実習

通常の授業とは別に、学生が取り組むさまざまな活動(演奏、伴奏、舞台制作、ボランティア、創作、研究など)を単位として認定します。

<科目例>

・創作活動特別実習 ・伴奏特別実習 ・舞台論特別実習
・社会活動特別実習 ・インターンシップ特別実習
・演奏論特別実習専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。

対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル

大学コンソーシアム大阪の単位互換

「大学コンソーシアム大阪」に加盟する他大学の授業を履修し、修得した科目を大阪音楽大学の単位として認定する制度です。


取得できる資格

中学校教諭二種免許状(音楽)


受験までの流れ

受験までの流れはこちらをチェック!