大阪音楽大学 学部・専攻

トップ | 学部・専攻 | 短期大学部音楽科 | 弦楽器コース

弦楽器コース〈2年制〉ヴァイオリン/ヴィオラ/チェロ/コントラバス/ハープ

定期演奏会は主に日本初のクラシック専用ホール「ザ・シンフォニーホール」で開催。

学内にある「ザ・カレッジ・オペラハウス」はプロも公演する本格オペラ劇場。選抜演奏会や卒業演奏会などはここで行います。

室内楽発表会も含め、ほぼ毎日演奏会が催される学内の「ミレニアムホール」。音響や照明技術など舞台機構の操作方法も学べます。


コースの特色

弦楽器の魅力は、活躍フィールドの広さ!

ソリスト、オーケストラ奏者、室内楽奏者、弦楽器指導者... 多彩な分野で活躍が可能です。




■個人レッスン

2年間で集中的に学ぶから、個人レッスンも週2回。専攻コースの個人レッスン(第1主科45分)とコース選択できる個人レッスン(第2主科30分)の二つです。第1主科と第2主科を同じにして深く学んだり、第2主科を別のコースにして広く学んだり。あなたの学びをあなたがアレンジできます。

■専門合奏

専門合奏は「弦楽アンサンブル技術の実践と修得」がテーマ。バロック期~近現代の重要な教材を取り上げ、それらの楽曲に相応しい読譜力と奏法および表現力を身につけます。将来、弦楽器の指導的立場に従事出来る人材の育成を視野に合奏の基本的な能力や素養を身につけ、探求、習得していきます。発表の場として「ザ・ストリングコンサート」を開催します。


■ オーケストラ

交響曲、協奏曲、オペラ、宗教曲など多岐にわたる管弦楽曲を取り上げ、アンサンブル技術を習得します。オーケストラに精通した指導陣のもと、演奏に必要なスキルを実際の演奏経験から学びとります。主に「大学定期演奏会」「学生オペラ」といった演奏会で成果を発表します。

進路「オペラハウス管弦楽団」

■卒業後は「オペラハウス管弦楽団」の団員として活躍する道も。

「オペラハウス管弦楽団」は、1988年4月に設立した「大阪音楽大学 ザ・カレッジ・オペラハウス」の専属管弦楽団。ザ・カレッジ・オペラハウス主催公演である20世紀オペラの管弦楽を担当しています。2000年には第20回音楽クリティック・クラブ賞を、さらに、05年「沈黙」、11年「ねじの回転」に続き14年「鬼娘恋首引」・「Curlew River」は狂言と能を題材にした公演が高く評価され、3度目の文化庁芸術祭 芸術祭大賞を受賞。名誉指揮者に飯森範親、山下一史、チャン・ユンスン、正指揮者に大勝秀也、牧村邦彦を擁しています。


教員紹介

弦楽器のスペシャリストが きめ細かく丁寧に指導。

ヴァイオリン

ヴィオラ

■講師
中島 悦子
柳生 厚彦

チェロ

■客員教授
岩崎 洸
 
■特任教授
上村 昇
 
■教授
上塚 憲一
 
■講師
北口 大輔
後藤 敏子
近藤 浩志
元井 あづさ

コントラバス

ハープ

オーケストラ

■客員教授
 
■特任教授
新通 英洋
 

カリキュラム

■教育目標
世界に広がる音楽文化を広量な精神をもって理解、摂取し、時代に先駆けた創造的、実験的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、幅広い人間力や音楽即戦力を備えた音楽人を育成すること。

短大は「実技レッスン」を中心としたカリキュラム!

実技レッスン
(週2回)

①45分の個人レッスン(自分のレッスン)

②30分の実技レッスン(下記より選択)

●作曲 ●声楽 ●ピアノ ●管楽器 ●弦楽器 ●打楽器 ●クラシックギター ●邦楽楽器 ●ジャズ ●ポピュラー・ヴォーカル ●ポピュラー・インストゥルメント ●電子オルガン ●ミュージカル ●ダンス

※くわしくはこちらから
コース関連科目

本コースの学びの中心となる科目です。

音楽基礎科目

音楽を勉強するうえで共通の基礎となる科目。専門の音楽力を着実に伸ばすため、基本的に必ず受講となります。

ソルフェージュ/音楽理論/作曲法/音楽史(世界と日本の音楽を考える)/指揮法/合唱/器楽合奏(含和楽器)/副科声楽/副科鍵盤楽器演習
共通選択科目

専門性を高めるための授業や、自身の興味に合わせて選択できる多様な音楽分野の科目が用意されています。

デスクトップ・ミュージック演習/ポピュラー音楽講座/MIDIシステム・テクノロジー/電子音響機器演習/音楽史(西洋音楽トピックス)/音楽史(ジャズ)/ダンス/視奏/リズムソルフェージュ/ピアノ構造論/音楽探検/音楽療法基礎/音楽療法/音楽療法応用技法/童謡・唱歌講座/副科吹奏楽/副科邦楽合奏/インストラクター概論/ミュージック・ビジネス・マネジメント

※隔年開講等により不開講となる場合があります/コースによっては必修や対象外となる科目もあります

一般教育科目・
外国語科目・
保健体育科目

音楽をより深く理解するうえで欠かせない科目や、教養を広げる多彩な科目があります。

【一般教育科目】

教養基礎セミナー/文学/哲学/日本国憲法/西洋史/心理学/音響学/美学・芸術学/ 情報処理概論/日本語ライティング演習/クリティカル・シンキング演習/音楽活動ポートフォリオ作成

【外国語科目】

英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語

【保健体育科目】

体育

履修におけるバックアップ

オープンレッスン制度(要申込)

在籍している専攻・コースにかかわらず、すべての教員のレッスンが聴講できます。

オフィスアワー

授業の内容や疑問について教員に直接相談できます。

大学と短大間の単位互換制度

大学在籍者が短大の授業を履修しても「大学」の単位として認定される制度です。
同じく、短大在籍者が大学の授業を受講しても単位として認定されます。
※認定される単位数や対象の科目には条件があります。

特別実習

通常の授業とは別に、学生が取り組むさまざまな活動(演奏、伴奏、舞台制作、ボランティア、創作、研究など)を単位として認定します。

<科目例>

・創作活動特別実習 ・伴奏特別実習 ・舞台論特別実習
・社会活動特別実習 ・インターンシップ特別実習
・演奏論特別実習専攻の実技レッスン(年間30回)とは別に、現在の担当以外の教員による同一専攻(楽器)の実技レッスンをセメスターごとに各1回受講できます。

対象の専攻…作曲/声楽/ピアノ/邦楽/電子オルガン/ミュージカル

大学コンソーシアム大阪の単位互換

「大学コンソーシアム大阪」に加盟する他大学の授業を履修し、修得した科目を大阪音楽大学の単位として認定する制度です。


取得できる資格

・中学校教諭二種免許状(音楽)


受験までの流れ

受験までの流れはこちらをチェック!