レコードの普及とレコード・コンサート

日本人と蓄音機、レコードとの出会いは1879年(明治12年)東京大学講師ユーイングによって蓄音機が日本に紹介され、1903年(明治36年)天賞堂がアメリカのコロンビア社から円盤レコードを初輸入したことにさかのぼる。そして1907年(明治40年)日米蓄音機製造株式会社(現・日本コロンビア株式会社)が設立されて、国内でのレコード生産がスタートした。

レコードは大正期にめざましく普及したが、その発端は1914年(大正3年)に京都にあったオリエントレコードから発売された「カチューシャの唄」の爆発的ヒットによるものである。これは当時、松井須磨子が東京の帝国劇場で上演した「復活」の中で歌った劇中歌で、発売と同時に2万枚、最終的には27万枚を売り上げた。

現在のレコード会社は東京圏に一極集中しているが、明治期から昭和30年代までのSPレコードの時代には関西にも数多くのレコード会社ができ、のべ60社近くが興亡を繰り広げており、その間使われたレーベルは200種類近くに上ると言われる。大正期には関西が国産レコードの過半数を生み出していたのである。

大正7年頃からはレコード・コンサートという新しい催し物の形態も生まれた。普段生演奏では聴けないような世界の著名な音楽家の演奏を、会場に集まった人たちでレコードをかけて一緒に楽しむといったものであった。レコードの普及は後続のラジオ放送にさきがけて、洋楽の普及に大きな役割を果たした。

大正3年のオリエントレコード《復活》の発売広告(大正3年5月8日 日出新聞)

 

ピアノ同好会のレコード・コンサート(大正14年9月20日 大阪朝日新聞)

 

レコード演奏会のプログラム表紙 (大正12年1月4日)

同プログラム