創立三周年記念音楽会

大阪市中央公会堂が落成してわずか一ヶ月、公会堂初の音楽会が、12月21日午後7時より開催された。

その夜の盛況ぶりを「階下はもちろん、階上も鈴なりの盛況」と大阪朝日新聞(12月22日)が伝えている。

全13曲からなるプログラムの冒頭は、永井作曲の校歌であり、フィナーレはやはり、永井作曲の合唱曲《凱旋》であった。出演者は教員と学生ほかであり、年々、舞台に登場させるに足るレベルの学生が増えてきたことをうかがわせる。

21世紀の今日も大阪のシンボルとして存在感を示す大阪市中央公会堂であるが、そのホールをはじめて満たした音楽は大阪音楽学校によるものであった。

創立三周年記念音楽会(中央が永井校長)

 

創立三周年記念音楽会プログラム