雑誌の復刊、創刊相次ぐ

終戦後、世の中が落ち着きを取り戻すにつれ、音楽系雑誌の復刊、創刊が相次いだ。

関西地域では、大阪朝日会館や大阪毎日会館が独自に発行した刊行物も含めてバラエティに富む雑誌から当時の音楽、バレエ、オペラなどに対する熱気を読みとることができる。

<関西発行>

 

1949年(昭和24年)『DEMOS』11月号

(大阪朝日会館)

1948年(昭和23年)『毎日マンスリー』第9集

(毎日会館 現・国民会館)

 

1950年(昭和25年)月刊『ミュージック・カルチュア』3月号

(関西音楽人連合)

 

1949年(昭和24年)『カルチュア』12月号

(神戸新聞社)

 

1949年(昭和24年)月刊『芸能新聞』第4号

(芸能新聞社)

 

1948年(昭和23年)『ラジオオーサカ』No.11

(大阪放送文化協会)

 

<東京発行>

 

 

1948年(昭和23年)『音楽之友』2月号

(音楽之友社)

 

1950年(昭和25年)『音楽芸術』3月号

(音楽之友社)

  

                        

         

 
                    

 

1950年(昭和25年)『バレエ』No.1

(バレエ社)

 

1950年(昭和25年)『バレエ旬報』第1号

(日本バレエ普及会)