大阪音楽大学 学校概要

トップ | 学校概要 | 附属機関・施設・関連団体 | 音楽博物館 | バリガムランサークル"Sunari Santi"

バリガムランサークル"Sunari Santi"

ありがとうございました


音楽博物館所属のサークル「スナリ・サンティ」はバリ・ガムランのグループです。
在学生・教職員はもちろん、一般の方も参加することができるサークルとして、本学卒業後ガムラン奏者として活躍中の小林江美先生の指導のもと2007年から活動を続けてきました。
学内での演奏やレクチャー、他博物館や庄内祭りでのコンサートなど、音楽博物館の広報とバリ・ガムラン音楽紹介の一端をになってまいりましたが、このたび、2016年10月から始まる音楽博物館新校舎移転作業のため、2016年3月をもちましてサークル活動を一旦終了することになりました。
長らくのご支援、ご参加ありがとうございました。

 


■ガムランひと口メモ

クンダン


ガムランってなに?
インドネシア・バリ島の伝統音楽「ガムラン」は、種々の金属製打楽器を中心とした合奏楽器です。 大勢で演奏することによりガムラン特有のうなりが生じます。
西洋音楽にはない独特の響きを一緒に楽しみましょう。


プマデ


グループ名の Sunari Santi って?
Sunari は竹を使った素朴な楽器、大地から空へ向かう音の響き、といった意味です。
Santi は平和、平安、平穏などの意味で、バリ・ヒンドゥーのエッセンスと言える言葉です。


 
        
スナリ・サンティ発足(2007.夏)         博物館での発表会(2008.01.11) 
小林先生による指導


                                  
                   オープンキャンパスで演奏 (2008.07.29)        メンバーでの自主練習

                   
                  大学祭で演奏(2008.11.01)



                                    
                                   大学要覧DVD撮影(2009.04.24)



      
オペラハウス・ロビーコンサート(2009.12.06)

  

                                          
                                         朝日テレビ番組収録(2011.11.04) 
                                      
♪続きはスナリ・ブログでどうぞ!