大阪音楽大学 学校概要

トップ | 学校概要 | 附属機関・施設・関連団体 | 音楽メディアセンター〔楽器資料館〕 | 所蔵資料

所蔵資料

楽器と立体資料


所蔵資料約2,000点のうち、世界各国の楽器約1,400点を常設展示しています。
展示室は日本の伝統楽器、ヨーロッパの楽器、世界各地域の楽器を3つの部屋に展示しています。また、それぞれの楽器がもつ文化的背景を読み取れるよう、現地での演奏写真や解説を併せて展示しています。これらには下記のコレクションが含まれます。


♪サントリー弦楽器コレクション

1999年、サントリー株式会社より寄贈を受けた弦楽器およびその付属品から成るコレクションです。 内訳は、弦楽器42点、弓22点、その他(工具、図版、ロージンボックス(松脂箱))12点の計76点です。 ストラディヴァーリ製(1720年)のピッコロ・ヴァイオリンや、ガスパロ・ダ・サロ製(16世紀後半)のヴィオラ・ダ・ガンバ等の逸品を含んでいます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

♪ 水野佐平邦楽器コレクション

本学創立者・永井幸次と親交のあった兵庫県伊丹市の邦楽器製作者で名品の蒐集家でもあった水野佐平氏から1966年に寄贈されたコレクションです。箏・三味線など日本の伝統楽器70点で、本館楽器収集の基盤となりました。


文献資料


世界の楽器と音楽、日本の伝統音楽など、楽器資料館の所蔵資料に関連した書籍・逐次刊行物を収集、公開しています。その他にも下記のコレクションを所蔵しています。
※資料利用ご希望の場合はこちらをご覧ください。

♪ 永井文庫

本学創立者で「関西音楽界の父」といわれた永井幸次(1874-1965)が作曲・編曲・作詞などを手がけた出版楽譜、100冊以上にのぼる作曲ノート、蔵書など約1,200点のコレクションです。
(永井幸次作品目録は年報「音楽研究」第21巻に掲載しています)


♪ 二世鶴澤清八浄瑠璃本コレクション

浄瑠璃の三味線奏者二世鶴澤清八師(1879-1970)が収集した浄瑠璃関係資料2,002点からなるコレクションです。
内訳は、丸本282点、段物集8点、稽古本1,184点、床本75点、三味線譜本154点、その他で、極めて貴重な資料を含んでいます。
2003年目録刊行、2004年には特別展を開催しました。(目録は年報「音楽研究」第19巻に掲載しています)


視聴覚資料


文献資料と同じく楽器資料館の所蔵資料関連の映像およびCD・LPなどの音資料を収集しています。
※資料利用ご希望の場合はこちらをご覧ください。(視聴覚資料のご利用は本学関係者限定です)

大阪音楽大学 校史資料


大正4(1915)年の本学創立から現在に至るまでの、大学の歴史資料を収集しています。紙ベースの資料に加え、本学の演奏の歴史を辿ることのできる録音録画資料も保管しています。
1988年「大阪音楽大学七〇年史 楽のまなびや」、1996年「同八〇年史」を刊行、2016年「大阪音楽大学創立100周年記念誌~Web版 関西音楽史のなかの大阪音楽大学」を公開。
展示コーナーには、永井幸次先生の胸像、写真、愛用のオルガン、勲章などを展示しています。また、文化庁芸術祭大賞などオペラハウスでの上演受賞作品のトロフィーや舞台写真等も展示しています。