大阪音楽大学 学校概要

トップ | 学校概要 | 大学案内 | 教育理念・教育目標

教育理念・教育目標

大阪音楽大学の教育理念・教育目標

教育理念

ディプロマ・ポリシー

建学の精神が目指す《音楽文化の新たな発生地》となるために、音楽の卓越した技と知を継承し、音楽の持つ深い精神性を極め、音楽を通じて社会に広く貢献できる《質の高い音楽学士》を送り出します。
 

カリキュラム・ポリシー

建学の精神に基づき、優れた技能、精神性、歴史性、表現性、そして創造性を育くむために、世界に広がる音楽の技と知を深く学びます。そして現代に生きる洗練された教養人として、社会に対して責任を果たすことのできる音楽人を育成します。
 

アドミッション・ポリシー

建学の精神を理解し、《時代を革新する音楽文化の担い手》となることを志す、音楽への限りない情熱にあふれた人を受け入れます。


教育目標

世界に広がる音楽文化や関連諸領域を広量な精神をもって理解、摂取し、時代を革新する創造的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、高い音楽能力と幅広い人間力を備えた、良識ある音楽人を育成すること。

  • 世界の音楽、並びに音楽に関連するもろもろの芸術や学問を幅広く身に付けた、広量な精神をもった音楽人の育成
  • 世界の音楽文化の知と技を確実に継承しつつ、時代を革新する創造的な音楽を生み出し、広く社会に発信できる、創造性あふれる音楽家の育成
  • 高い音楽性を核とした豊かな人間力によって、多くの人々から信頼を受け社会を牽引できる音楽人の育成
  • 世界に広がる様々な音楽文化の意義や価値、さらには音楽の深い精神性を伝えることのできる教育能力を備えた音楽人の育成

大阪音楽大学短期大学部の教育理念・教育目標

教育理念

ディプロマ・ポリシー

建学の精神が目指す《音楽文化の新たな発生地》となるために、音楽的かつ人間的な基礎力を身に付けた、広く社会に通用する《質の高い音楽短期大学士》を送り出します。
 

カリキュラム・ポリシー

建学の精神に基づいて、《変貌する音楽と社会に即応できる音楽的基礎力》を鍛え、社会に通用する、音楽性、人間性、社会性を備えた音楽人を育成します。
 

アドミッション・ポリシー

建学の精神を理解し、自らが《音楽文化の発信者》となることを目指す強い熱意にあふれた人を受け入れます。


教育目標

世界に広がる音楽文化を広量な精神をもって理解、摂取し、時代に先駆けた創造的、実験的な音楽の発信者や音楽文化の担い手となる、幅広い人間力や音楽即戦力を備えた音楽人を育成すること。

  • 世界の音楽、並びに音楽に関連するもろもろの芸術・学問を身に付けた進取の精神を持った音楽人の育成
  • 変貌する社会や音楽に即応できる音楽即戦力を持った音楽人の育成
  • 時代に先駆ける進取の音楽性を核とした豊かな人間性によって多くの人々から信頼を受け、社会を牽引できる音楽人の育成
  • 変貌する音楽の現在や未来の可能性を伝えることができる教育能力を備えた音楽人の育成

大阪音楽大学音楽専攻科の教育理念・教育目的

教育理念

ディプロマ・ポリシー

建学の精神を体現すべく、高度な音楽の技と豊かな知識を身につけ、優れた芸術表現性と自己啓発力をもって音楽活動を実践し、社会と文化に貢献できる人を送り出します。 
 

カリキュラム・ポリシー

建学の精神に基づき、芸術創造のための高度な技術と知識の修得を果たしながら、実践的活動を通じて豊かな人間力の生成を促すことにより社会で活躍できる音楽人を養成します。 


アドミッション・ポリシー

建学の精神を理解し、音楽大学の基礎の上に立って専門分野のより高度な学習と実践に務め、その結果を積極的に社会へ展開する意欲にあふれた人を受け入れます。


教育目的

専攻科は、音楽大学の基礎の上に立ち専門技術研究を発展させ、かつ、社会の音楽活動に直結し実践的性格をもつ特別の専門課程による教授を行い、音楽に関する専門技術者を養成する。


大阪音楽大学短期大学部専攻科の教育理念・教育目標

教育理念

ディプロマ・ポリシー

建学の精神が目指す<音楽文化の新たな発生地>となるために、短期大学で施された音楽力、人間力、基礎力をさらに充実、発展させ、社会に寄与することの出来る人材を送り出します。
 

カリキュラム・ポリシー

建学の精神に基づいて、短期大学で培われた社会に即応できる音楽的基礎力をさらに向上させ、専門知識や技能にも通じた、社会に通用する音楽人を育成します。 
 

アドミッション・ポリシー

建学の精神を理解し、短期大学における学修の上に、自らが<音楽文化の発信者>となることを目指す強い意志にあふれた人を受け入れます。


教育目的

専攻科は、短期大学の基礎の上にさらに深く、音楽に関する事項を教授し、その研究を指導することを目的とする。


大阪音楽大学大学院の教育理念・教育目標

教育理念

ディプロマ・ポリシー

建学の精神を体現し、修了後も専門分野や関連する職業等で活躍できる、質の高い有為の音楽人を送り出します。
専攻(研究室)ごとに定められた所定の単位数を修得し、修士作品及び修士作品に関する論文、修士論文又は修士演奏及び修士演奏に関する論文の審査及び最終口述試験に合格することにより「修士(音楽)」の学位を授与します。 
 

カリキュラム・ポリシー

建学の精神に基づき、確かな技術・学識とグローバルな視野を持つ音楽家になるために必要な授業科目を開設し、創作・音楽研究・演奏の成果を発表する修士リサイタルを必修科目として課し、修士作品及び修士作品に関する論文、修士論文又は修士演奏及び修士演奏に関する論文に結実させる教育課程を編成しています。 
 

アドミッション・ポリシー


建学の精神を理解し、音楽についての高度な実践能力と専門的かつ広い学識を修得するため、音楽における卓越した能力と幅広い知識と感性を兼ね備えた、音楽への強い意志と研究への明確な目的意識を持った人材を受け入れます。


教育目的

音楽芸術に関する理論、技術及びその応用を教授研究するとともに、専攻分野における高度な研究能力はもとより豊かな人間性、国際性を備えた音楽人を養成し、もって文化の創造・発展に寄与すること。